経営理念の浸透


そもそも、経営理念ってなんでしょうか?

 

いろいろな解釈があるのですが、わたしは下記の3つから構成されるものと定義しています。

 

経営理念とは、

 

ミッション・・・会社の生き方・役割

ビジョン ・・・会社の目指す目標

バリュー ・・・社会に提供する価値

 

この3つを社会に示し、会社組織の存在意義を明確にする。

 

それが、経営理念です。

 

経営理念とは、経営の根幹をなす基盤となるものです。

採用や離職の課題にとどまらず、あらゆる課題解決の、いわば拠りどころとなります。

 

経営理念がないと、経営戦略は立てられないし、経営目標も立てられません。

 

 

いわば、

 

経営理念=会社の魂

 

 

とも言えるのです。

 

つまり、経営理念が社員にしっかりと浸透していないと、経営者の意図していない行動を社員が取ってしまうことがあり得るのです。

 

経営理念は、会社のホームページに載せたり、社是として社長室の額縁に飾ったりするだけでは、浸透しません。

 

そして、経営理念とはミッション、ビジョン、バリューが揃ってはじめて会社組織にとって意味ある行動指針となるのです。

 

経営理念に必要な視点に、社員目線があります。

社員は、ともに理念を実現していくパートナーです。であるならば、経営理念は、「人を活かす」「関わる人たちに幸せをつくる」を基本とし、共感を得られるものとすることが望まれます。

 

なぜならば、価値ある目標実現への挑戦が人を大きく成長させるからです。

 

また、経営理念のミッションは、経営者や社員の体験から生まれてきます。
体験談といったストーリーが、経営理念のミッションである会社の生き方、役割をより一層社員に浸透させていくのです。

 

社員が辞めない、魅力ある会社というのは、まずこの経営理念が設定され、それが組織の末端まで浸透して日々の業務に反映されている状態が実現されているのです。


そもそも経営理念が具現化されていない、具現化していても浸透していないと感じていましたら、ぜひこちらへお越しください。
その方法論をお伝えします。

「離職率を劇的に改善させる3つのポイント」セミナー